…と思った方、決してそうではありません。

 

こんにちは、私は岡野真と申します。

 

「自分のことが嫌い・変わりたい」

 

と思っている方へ向けて、コーチングやカウンセリングをしている者です。

 

ここを見ていらっしゃるということはあなたは、

 

 
 
  今日こそ勉強するぞと思っても「あと10分テレビを見てから…」を繰り返し、結局勉強しない  
 
 今度こそ絶対にダイエットを成功させる!と宣言したのに、数日後には挫折してしまっている
 
 なかなか行動に移せなくて「やらなきゃいけない…」という義務感ばかり増えて苦しくなっている
 
 やっと重い腰をあげてなんとか取り組み始めても、集中できなくてすぐにやめてしまう
 
 「なんで自分でやるって決めたことができないんだ!」と自分を責めてしまう  
 
 自分は人一倍、意思が弱いのではないか?と思う
 
 きちんと物事をやり遂げている人のことが、すごくうらやましい

 
 私もちゃんとできれば、自信が持てて胸を張れるだろうにと思うのに…なにをやっても続かない。
 
 
 

どれかに当てはまっているのではないかと思います。

 

私もかつてはそうでした。

 

なにかを始めようと思っても、なかなか取り組むことができない。

 

絶対にダイエットするんだ!と誓っても、早ければその日のうちにお菓子に手が伸びてしまったり。

 

ときおり感動する映画を見ては、

 

「よし、私もあの主人公みたいにやってやるんだ!」

 

と意気込んだり、自己啓発本を読んでは、

 

「そうだ、私はダメなんかじゃない。頑張ろう…」

 

と自分を励ますのですが、続かない。

 

延々、延々、その繰り返し。

 

毎日きちんとやると決めたことをやっている人や、

 

自分よりも大きな成果を出している人を見たとき、私はいつも、

 

「それに比べていったい私はなんなんだろう?」

 

と罪悪感がつのるし、情けなくもなりました。

 

きっと、今のあなたと似ていますよね。

 

 

 

そうして悩んでいるあなたに、

 

「それって素敵なことですね」

 

と言ったわけですから…、

 

「なんの冗談?なんの嫌味?」

 

と感じるお気持ちもわかりますが、私は本当に心から、それが素敵なことだと思って言っています。

 

なぜなら物事は、あなたのように自分の意志が弱いと思っている人のほうが達成しやすいのですから。

 

 

 

 

 

 

 なんとかこの意志の弱い自分を変える方法はないのか…。

 

そう思いいろいろな本を読み漁っていた私は、あるときこう書かれている本に出会いました。

 

 

 

 

 

 

「意志が強い人よりも、弱い人のほうが成功しやすい」

 

 

 

 

 

 

「えっ…?」

 

と思いますよね、私も最初は戸惑いました。

 

どういうことかというと、自分で自分のことを意志が強いんだ!と思っている方って、

 

「いまは太るものを食べても大丈夫、あとから痩せる強さがあるから」

 

とわざわざ太りやすいほうを選んで食べて太ったり、

 

「いざとなれば俺にはできる!だから明日から本気を出せばいいんだ」

 

と考え先延ばしをしやすかったり…。

 

それを何度も繰り返し、せっぱつまってきていざ物事に取り掛かっても、

 

「意志が強いからちゃんとできているはずだ」

 

と思っているため、取り組んだことにミスがないか?という確認を怠りやすく詰めが甘くなるんです。

 

結果失敗につながりやすくなってしまうのですが、しかし本人は、

 

「今回はこの程度でじゅうぶん、次回はもっとすごいことができるだろう」

 

と思いますので、反省や改善をなかなかしようとしません。

 

これは、はたから見ると単に楽天的なだけですよね。

 

 

 

 

 

 

 

対して意志が弱いという自覚がある人は、

 

「明日から急に本気にはなれない」

 

と謙虚にとらえるので、きちんと計画を立てることができる。

 

やりはじめたことも、自信過剰にならずに注意深く見直す。

 

結果、「俺は意志が強い!」と豪語している人よりも大きな成果を上げる。

 

しかもその成果に慢心することなく、

 

「ここが反省点だったな、次はもっとどうしてみようか?」

 

と次の成長点まで探す。

 

はたから見れば、こちらのほうがよほど意志が強い人ですよね。

 

 

 

私はそれまで、

 

「物事にしっかり取り組んだり、ちゃんと継続できる人は、

 

自分でも自分のことを意志が強いと思っているはずだ」

 

と思っていました。

 

けれどそうではない。

 

周りから見て「あの人はどうしてあんなに意志が強いのだろう」と思える人ほど、

 

自分は意志が弱いのだということを自覚している。

 

そして、そのように意志が弱いことを「ダメなことだ」ととらえず、

 

「意志が弱くてもいいのだ。

 

弱いからこそ、強いと思い込んでいる人よりもうまくいくのだから。

 

この意志の弱さは、強みなのだ」

 

と考えている。

 

決して「俺は意志が強い!」と胸を張っているわけではなく、

 

「意志が弱いからこそうまくいくのだ」と胸を張っているんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、

 

「そうか、大切なのは『意志が強い自分』になることではない。

 

意志が弱い自分にダメ出しせず、OKを出すことなのだ…!」

 

と思ったあと、それまでの、

 

「どうやれば意志を強くできるのだろう?」

 

という考え方を捨て、

 

「どうやれば意志が弱いままでもうまくやれるだろう?」

 

と考えるようにしてみたんです。

 

「意志の力だ!努力だ、根性だ、がんばれ私!」

 

ではなく、

 

「もっと努力しなくてもいい方法は何だ?」

 

「一日に最小限のことしかせずにすむ方法は何か?」

 

「なんとかうまいこと楽して継続する方法は?」

 

と、意志が弱いままでいることに注目しました。

 

 

 

 

すると…。

 

「なんだ、さっさとこうしてればよかった…」

 

と思うくらい、拍子抜けするほどに物事に取り組みやすく、継続できるようになりました。

 

続くので、結果が出る。

 

結果が出るので、自信がつく。

 

別に頑張らなくても、うまくいく。自分を好きになれる。

 

 

 

 

このとき私は思いました。

 

「あ〜、頑張らないほうがうまくいくって言葉があるけど、本当なんだな…」

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

やり方さえ工夫すればこうしてちゃんと結果が出ます。

 

意志が弱いことは、悪いことなどではありません。

 

気づいてください、それこそがあなたの強みであると。

 

 

 

 

 

 
 
 
私があなたにお伝えする内容は、とっても簡単です。
 
なんせ、「いかに楽をするか?」だけを徹底的に極めた結果できたものなのですから、大変なはずがありません。
 
あなたにだってきっとできるはずです。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
こちらの、「努力はいらない。自分を変える簡単な方法」を、2,000円であなたにお届けいたします。
 
PDFファイル51ページ分、お支払い後ダウンロードしてご覧になるダウンロード商品です。
 
「意志なんて、弱いほうがうまくいく」
 
それをあなたの身を持って、体験してください。
 

 

 

 

 

 

 

※本教材は「3時間であなたは変われる。自信をつける幸せMeditation」の一部である、

●今日やるべきことにしっかり取り組めるようになる簡単なワーク

●未来の不安を手放せるようになるワーク

●やる気が上がり、憂鬱な気分から解放され今に集中できるようになるワーク

●自分自身の弱さを受け入れていくワーク

に、大幅な加筆・修正を加えたものです。

 

 

 

 

※お問合せは hikiyose_makoto@yahoo.co.jp までお願いいたします。

 

 

特商法について